どうして赤ちゃんは便秘になる?原因と対処方法

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんは生まれてからすぐの頃はおしっこも一日10回以上、うんちも一日に何度もしますが、だんだんと成長していき離乳食が始まる頃には便秘になってしまう、ということもよくあります。赤ちゃんのうんちが出なくて心配になってしまったお母さんも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの便秘とはどんな時のこと?

一言で便秘と言っても、いったい何日うんちが出ないと便秘と呼ぶのでしょうか?その目安は大体2,3日。特に明確な定義はありませんが、3日経ってもうんちが出てこない時は便秘と言ってよいでしょう。

便秘になると体の不要なものが腸に入ったままになるので、大人と同じように赤ちゃんもだんだんと体に変化が出てきてしまいます。

例えば食欲がない、お腹が張って苦しい、吹き出物が出る、などです。

食欲が出ないと体力低下にもつながりますし、便が出ないと便はますます固くなり、痔の原因にもなってしまいます。赤ちゃんの場合はまだ筋力もなく、腹筋も未熟ですから大人よりも便秘になりやすいと言われています。

赤ちゃんの便秘の原因は?

赤ちゃんに便秘は起こりやすいと言われています。まだ自分で十分に動くことができないため、運動不足になりがちになり、腸の動きも活発になりにくいことも原因の一つです。

そして一番多いのが離乳食が始まる時期に便秘になってしまうことです。今まではおっぱいやミルクで十分な水分をとっていたのが、水分不足になり便秘になってしまうというものです。

おむつかぶれなどでお尻に痛みを感じる時、ついうんちを我慢してしまい便秘になってしまうということもあります。

赤ちゃんが便秘になってしまったら

もし赤ちゃんのうんちが3日以上でない日が続き、便秘になってしまったら生活の習慣を少し変えてみましょう。赤ちゃんの便秘の原因のほとんどは生活の習慣にあります。少し改善していくだけできっと変わってきますよ。

まずは食事。水分をなるべく多く摂り、メニューはお野菜やお豆など食物繊維が多く入ったものにするように。

そして運動不足にならないよう、足を動かしてあげたり、お腹をマッサージしてあげたり、寝返りやハイハイができるようであれば、床の上で一緒に遊んであげることも良いでしょう。

また、お尻回りも清潔になっているか、痛がっているところはないか、赤くなっているところはないか、などもチェックしてあげましょう。お尻に不快感があるとうんちを我慢して便秘になってしまっているということもあります。

日々の生活で少しずつ気を付けていくことで、赤ちゃんの便秘はだんだんと改称されていくことが多くあります。便秘は大人でも不快なものです。

もしなかなか改善しないようであれば、効き目の穏やかな赤ちゃん用の便秘薬を使ってみるというのも方法です。赤ちゃんの便秘用に売られているお薬もありますので、どうしても!という時は使ってみてもいいかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。