赤ちゃんはとても暑がり、冬でも大人よりも一枚少なく

暑がりの赤ちゃん

赤ちゃんはとても暑がりです。基本は赤ちゃんの着るものは大人よりも一枚少なく、ですが、冬の寒い時期になるとこのことを忘れてしまいがちです。特に大人の女性は冷え性の方が多いため、ついつい、赤ちゃんも寒いのではないかと思ってしまい、厚着をさせてしまうということがあるのです。

赤ちゃんが暑がりの理由

赤ちゃんは暑がりと言われますね。どうしてなのかご存知ですか?

それは赤ちゃんの体が小さく4頭身、手足も短く丸っこい体つきをしているため熱が逃げにくいのです。加えて赤ちゃんは代謝も活発で熱も大人よりも高めです。

大人は手足も長く、熱を手や足から放出して体温調整をしますが、赤ちゃんにはそれができません。

そんな中、赤ちゃんはこんもりとしたおむつもしなければならず、暑くて蒸れてしまうことがよくあるのです。

成人の女性は冷え性の方も多いため、冬になると赤ちゃんにも厚着をさせてしまい、赤ちゃんが汗をかいてあせもができてしまうという肌のトラブルもよく見られます。

夏は意識して暑くならないようにしますが、冬はついつい着せてしまいがちです。もしも赤ちゃんの背中を触って少し汗をかいているようであれば、それは暑い証拠。

部屋の温度を下げたり、着ているものを一枚脱がせてあげましょう。

赤ちゃんがぐずっている時は、もしかしたら暑いのかもしれません。

いつも大人よりも一枚少なく、を忘れずに

赤ちゃんの洋服はかわいいものがたくさんあり、どれを着せようか迷ってしまいますね。また、プレゼントでもいただいたりする洋服もかわいいものが多く、わくわくするお母さんも多いでしょう。

デザインがかわいい服もいいのですが、なるべく肌に刺激にならないような素材のものを選んだり、熱がこもらずに体温の調整をしやすい服を選ぶようにしていきたいものです。

赤ちゃんが自分で少しずつ動けるようになったら、大人よりも一枚少なく、を基本にしましょう。冬もあまり着こませず、様子を見ながら体温調整をしてあげましょう。

上下繋がっているタイプのロンパースも体温が逃げにくいデザインですので、寝返りが打てるようになったり、ハイハイの時期になったら上下がわかれた服に変えていくのが良いでしょう。

SNSでもご購読できます。