部屋を清潔にするように心がけよう!ダニやホコリは肌の敵

部屋を清潔にしよう

アトピー性皮膚炎の痒みなどを引き起こす原因はいくつかあると言われていますが、部屋のダニやホコリも肌の刺激になり、かゆみを引き起こすと考えられています。大変ではありますが、洗濯や掃除をこまめにして部屋を清潔にして肌への刺激が少ない環境にしていきましょう。

部屋のダニやホコリをきれいにしよう!

部屋の中には目に見えないダニやホコリがたくさんあります。このダニやホコリが肌への刺激になり、アトピー性皮膚炎などの痒みを引き起こす原因の一つになっていると考えられています。

ホコリは外から運ばれてくるものもありますが、衣類や寝具などがから出るものが多くあります。

部屋の隅や家具が置いてある場所にはホコリがたまりやすくなり、その中にダニも入っていることもありますので意識的に掃除機できれいにしていきましょう。

ダニは主に寝具やクッションなどにつきやすく、赤ちゃんが遊ぶぬいぐるみにもたくさんついています。

寝具やぬいぐるみはなるべくこまめに洗うようにし、天日干しするようにしましょう。また、ホコリやダニをきれいに取るためにも、掃除機をかけるようにすると良いでしょう。

思っているよりも多くホコリが取れるので驚かれるかもしれません。

掃除をしている時はもちろん、普段の生活でも換気扇をつけるなどして換気を心がけるようにしてホコリをためないようにしましょう。

赤ちゃんに使う寝具

赤ちゃんが使う寝具はダニやホコリが入り込まないために気を遣って選んでいきたいですね。

赤ちゃんにはよくタオルやガーゼを使いますが、実は目の粗いガーゼやホコリの出やすいタオルはダニも入りやすく、綿ぼこりも出やすいためあまりお勧めできません。

タオルケットなどで使っているお母さんも多いのではないでしょうか?

一番おすすめなのはホテルなどで使われているシーツ、繊維の目が細かくなっているものです。赤ちゃんの使うシーツや枕には、このようにダニやホコリが入りにくいものを使うようにすることで、寝具を清潔保つことができます。

SNSでもご購読できます。