赤ちゃんの肌には保湿が必要

赤ちゃんのスキンケア

産まれて間もない赤ちゃんの肌は大人と比べるととても薄く、その暑さは約半分と言われています。傷つきやすく、肌トラブルを起こしやすい赤ちゃんの肌を守るために大切なことはしっかりと保湿をすることです。お風呂の後、体を拭いたら乳液やクリーム、保湿剤などで肌を保湿して保護しましょう。

肌トラブルを起こしやすい赤ちゃんの肌

産まれてすぐは皮脂の分泌が盛んで、黄色いかさぶたのようなものができたり、ニキビのようなものが現れることがあります。これはお腹の中にいる時からのママのホルモンをそのまま受け継いでいるため、皮脂分泌が盛んに行われているためです。

その後、生後1~3ヶ月経つとだんだんと肌が乾燥するようになってきます。赤ちゃんの肌は大人と比べて大変薄くできているため、保水力もまだ十分ではありません。乾燥する寒い時期や、暑い時期でもクーラーや扇風機の風で簡単に水分が奪われて乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると肌の表面に傷がつきやすくなります。その傷は目に見えない程小さなものもあり、その傷から食べこぼしや空気中の雑菌などが侵入し肌がトラブルを起こしてしまうことも多くあります。肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下するため、かぶれや湿疹などのトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

トラブルを防ぐには保湿が大事

肌のバリア機能をあげるため、乳液やクリームなど、保湿剤が大変役に立ちます。赤ちゃんに使うクリームなどは刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。また、アレルギーがあるかもわからないので、使う前はパッチテストをすることも大切です。

パッチテストとは、少量を腕の裏などに塗り、赤くなったりかぶれたりしないかしばらく様子を見ることです。24時間程様子を見るのが一番の理想ですが、簡易板として30分ほど様子を見て少量ずつ使ってみるようにしましょう。顔につける時も、少しずつつけていきましょう。

クリームは赤ちゃんの薄い肌を保護する役目があるので、刺激の少ないものを使い、お風呂上がりはしっかりと保湿するように心がけることで、肌トラブルを少なくして行くことができます。

SNSでもご購読できます。